--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Wed.

赴任準備その1(日本のテレビをシンガポールで見る)

2012-01-04

赴任までまだ時間があるため、赴任の準備に関して不定期に書いていきたいと思う。今回は二回目の赴任なので一回目の時に「不便だったな」と感じた所を重点的に解消していきたい。

そんな意味で、今回は「シンガポールで日本のテレビを見る」をお題にします。
シンガポール・・・皆さんが思い描くイメージはどうでしょう?

マーライオン見学、マリナベイサンズでのプール遊び、カジノ、オーチャードでのショッピング、高級ホテルでのスパ&ハイテイー三昧、China Town/Little India/Arab Street、ナイトサファリ&シンガポール動物園見学、ホーカーセンター(屋台村)での格安グルメ、セントーサ島観光、ボートキー/クラークキー等でのナイトライフ満喫等々くらいでしょうか?

文字にしてあげると色々することがあるようですが、どれも単発的なものあり、短期の観光で訪れるなら楽しい国だと思います。

一方、長期滞在の視点でみると、少し事情は違ってきます。日本より広めのマンションに住むことが出来るし、世界各国の物が溢れんばかりあり、治安も日本より良いシンガポールですが、何分、淡路島程度の広さしかない国土の狭さが災いして、色々な意味での閉塞感に悩まされることになります。更に、日本と比較して娯楽の選択肢が少なく、意外と手持ち無沙汰な時間ができてしまいます。この手持ち無沙汰な時間削減に貢献するのはテレビ視聴なのかなと思います。

もちろんシンガポールでもケーブルテレビ契約をすることによって現地テレビ番組、アメリカ、イギリス、アジア各国のテレビ番組、日本のNHKも視聴できるようになります。ただ、英語が主体の番組はさほど見ないし、NHKの番組は内容的に面白くないものが多いし、案外ケーブルテレビ契約をしてても、実際視聴してる時間は案外少ないもので、あまり手持ち無沙汰な時間削減には大きくは役に立っていないのかなと感じてます。

私が一回目の赴任の際に常に「シンガポールでも日本の民法放送が見れたら!!!」と思っていて、以下の無料ソフトを利用してました。

Keyhole TV

http://www.v2p.jp/video/

視聴専用ソフトを利用して、NHK、民放テレビ番組、ラジオを無料で視聴することができます。ただ、画質はそれなりで、長時間視聴に耐えられる品質ではないのが残念なところ。ただ脱獄済iPhone用のアプリがあり、iPhoneで視聴する分で使用に耐えるギリギリのレべルか?と感じます。

ということで、二回目の赴任では費用を掛けてでも「快適にシンガポールで日本のテレビを見る!!」ということで、その方法をネットでリサーチしてみました。

そうすると・・・以下の4つの方法があるようです。

ニッテルTV

http://www.nittel.net/sg/tv/tv_service.html

定番のSonyロケーションフリーを利用して日本のテレビ番組をインターネット経由で送信するシステム。シンガポール側はPCだけではなく、現地のテレビでも視聴が出来るのが特徴。但し、番組の録画はオプションで別途費用が必要。

以下がニッテルシステムを導入した場合の費用

<初期投資>
初期費用:9870円
機材費用:ベースステーション299SGD(約18000円)+ TVボックス359SGD(約21600円)=39,600円

<月額費用>
5250円/月

Slingbox

http://www.e-frontier.co.jp/slingbox/

Sonyロケーションフリーの次世代機器のような立ち位置? システムはロケフリと同じく日本側に設置、画像をインターネット経由で送信し、シンガポール側ではPC若しくはスマホで専用アプリを起動させ視聴する。ニッテルのような現地テレビで視聴できる様なTVボックスは販売していない。

<初期投資>
Slingbox本体及び設置費用:36800円(なお設置を自分で行う場合は29800円)

VULKANOFLOW

http://www.ioplaza.jp/shop/contents/vulkanobuy.aspx

Slingboxと内容は全く同じ。

<初期費用>
VULKANOFLOW本体及び設置費用:25800円(なお設置を自分で行う場合は12800円)


TV CODE-1

http://www.usb-net.tv/index.html

USB型の所謂ワンセグチューナーみたいなもの。PCへUSBへプラグインで何処でも日本のテレビが視聴できる。視聴はUSBをプラグインしたPCのみで、専用アプリを起動して行う。

<初期費用>
TV CODE-1本体:19800円

TV CODE-1はネットの評価がイマイチぽいし、販売してる会社がどうも胡散臭い感じなので却下。

ニッテルは初期投資が必要なので却下。

ということでSlingbox vs VULKANOFLOWの戦いとなります。ネット上の評価は調べた感じでは、どちらもさほど差が無い様子・・・そうなると価格が安価なVULKANOFLOWを選択ってことになります。ただ実績はSlingboxに軍配があがる感じ?

ということで、もう少し、Slingbox & VULKANOFLOWのユーザーさんの声を調べて、どちらににするか決めたいと思ってます。
スポンサーサイト
20:14 | シンガポール滞在記 | comments (1) | trackbacks (0) | page top↑
赴任準備その2 (携帯電話) | top | 再開します

Comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2013/02/18 01:52 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://tkawani.blog26.fc2.com/tb.php/400-3f498773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。